【2021年】DTMでおすすめ10個のデジタルEQ【イコライザー】

EQは音作りやミキシング・マスタリング作業の中で使う機会は多い部類のエフェクトだと思います。

いつも同じEQだと気分が上がらないのでたまには違うのを使いたい、EQ1つしか持ってないから少しキャラクターが違うものを使いたい。などなど違うEQを使いたくなる瞬間というのはあるのではないかと思います。

そこで今回は高品質だったり使いやすかったりキャラクターが立っていたり、万人に勧められるようなクオリティーの高いEQを紹介したいと思います。

 

【Plugin Alliance】全部入りサブスクMega Bundleを1年使った感想

Plugin Allianceの新サブスク『Essential Bundle』がめちゃくちゃおすすめな理由!

【間違いない】DTMでおすすめの定番ソフトシンセ4選

【DTM】おすすめのマイナーソフトシンセ10選

【2020年】Plugin Allianceのカテゴリー別おすすめプラグイン紹介!

【2020年】DTMでおすすめのデジタルコンプレッサー5選

【2020年】おすすめバスコンプレッサープラグイン6選

 

単品でも買いたいWavesのおすすめプラグイン

マジで手放せないWavesのおすすめプラグイン5選

目次

Steinberg / Frequency

 

最初に紹介するのはCubase付属のEQであるFrequencyです。

Cubaseを使っている人で今まであまり使って来なかったという人は一度チェックしてみる価値があると思います。

最近のEQには搭載されていることが増えてきたバンド毎のソロボタン搭載、視認性が高いアナライザーを備えた出音も素直でかなりクオリティーが高いEQです。

中でも特筆すべきがバンド毎にリニアフェーズ設定ができるという点。これを搭載しているEQは他にあまりなく、バンド毎にリニアフェーズに設定することで負荷を抑えることができます。

欠点としてはCubaseの中でしか使えないということですね。

Cubaseの商品ページを貼っておきますのでこれを読んだ人はCubaseに乗り換えましょう。

 

 

Slate Digital / Infinity EQ

 

音以外はほぼほぼFabfilterのPro Qと同じと言ってもいいのではないのでしょうか。

Fabfilter特有の滑るような音がちょっと苦手という人もいたりするので(私も苦手です)もう少し素直目なこっちの方が好きという人もいるかもしれません。

Pro Qと違うのはダイナミックEQが付いていないというところでしょうか。このダイナミックEQが中々に簡単に使えるということもあり同じようなものがこちらにもつけば差別化は難しくなってきますが利便性は上がりますね。

負荷が軽く、プリセットがハマる時があるのでたまに開いてみると面白いかもしれません。

Slate Digitalのサブスクに入っているので導入する敷居は低いかなと思います。

 

 

DMG Audio/ Equality

いい感じの動画があまりなく......これで魅力は伝わらないかもなぁ

 

デジタルプラグインの最高峰の一つであるDMG Audioから、とにかくカット方向が素晴らしいEQです。

DMGは他にも素晴らしいEQがありますが、あえてこれを選択したのはデジタル最高峰のカットの切れ味・自然さがあるからです。

DMGらしい無骨なUIが仕事道具感を演出してくれています。

中々良さが伝わるデモがなかったので、是非これはデモで試してみてほしい。

 

 

A.O.M. / tranQuilizr G2

 

数少ない日本の有名メーカーです。

特徴はなんといってもブーストの音の良さ。デジタル系のEQでブーストすると綺麗にならなかったり、シャリシャリしてしまったりというのが悩みの種だったりする人もいると思いますが、これはとにかくブーストが綺麗なんです。

聴いてみると分かると思いますが、この見た目からは中々聴けないようなブーストの仕方なので是非試してみてください。

 

 

Eiosis / AirEQ

 

FG-Xのメインプログラマーが作ったということでも有名です。

デジタルっぽいサックリ系ではなくREQなどのアナログ寄りな感じです。

特徴としてはまず見た目がとにかく綺麗で実機があるのかといった感じの見た目ですがこれがオリジナルです。

そしてMaagで有名なAir機能が付いていてトラックの抜け感をコントロールすることができミックスでもマスタリングでも活躍できるでしょう。

Air機能とは逆側にEarthというスライダーもありますが、これはちょっと言葉で説明するのが難しいのですがキレが良くなるといった感じでしょうか。試してみるのが早いと思います。これにしか作れないようなサウンドが作れます。

これもSlate Digitalのサブスクに入っているので導入の敷居が低いでしょう。

 

 

Harrison / AVA Mastering EQ

 

実機のコンソールで有名なHarrisonのプラグインです。

一応動かせる周波数が固定なのでグラフィックイコライザーの分類が正しい気もしますが、見た目的には全然グラフィックじゃないですね。

かかりが緩めなのでかなり大胆なカーブを書いていても破綻しにくいです。

UIが独特でHarrison色というのも出ていると思います。

アナログの会社なのにフルデジタルかよっていう意見もあるかもしれませんが、このEQが(ちょっとUIは違うけど)付属しているHarrisonが展開しているDAWが「PCの中でアナログコンソールを使う」というコンセプトなのでその部分で音が変わります。なのでコンソールの色を大事にするという意味で無色なEQというのは重宝するわけですね。

 

 

HOFA / IQ-Series EQ V3

 

このIQ-EQはトータルに優れた本格派で何をやらせても一定以上の結果を出してくれます。

なんといってもこのEQの使いたくなるポイントは全てのバンドで通常のスタティックEQとダイナミックEQを切り替えられるという点です。

最近ではダイナミックEQと両搭載しているものも増えていますが、これはその先駆けとも言えてしかも独立しているのではなく切り替えとして使えるので利便性がとても良いです。

 

 

IK Multimedia / T-Racks EQual

 

業界的にはWavesに並ぶ大御所のT-Racksから比較的新し目のEQです。

特徴はなんといってもアナログの名機と言われているEQのカーブをデジタルで再現しているという点。

もちろんチューブだったりが入っている訳ではないので同じような音になるということはありませんが、アナログ特有の破綻しないブーストだったり優しいカットなどが音を大きく変えずできるというのは大きいと思います。

 

 

iZotope / Ozone EQ

 

今やWavesに並ぶほどのスタンダードになっているiZotopeですが、AIが注目される中とにかく良いのがこのEQです。

DMGのEquaityと同じサックリ系で、滲みなくカットができます。

恐らくバージョン7以降は同じような感じで使えるのではないでしょうか。

他にもOzoneはマキシマイザーやリミッターにダイナミックeqなどなど使いたくなるものばかりなのでAdvanced版購入をおすすめします。

 

 

MeldaProduction / MEqualizer

 

最後に紹介するのは変態メーカーMeldaProdutionからリリースされているフリーのEQです。

こんなものがフリーでいいのかというくらいできることが多く、細かいディティールまで拘りが凄いです。

UIも豊富で、中々他では無いようなアナライザーになったりします。

とにかくフリーなのでまずは試してみてください。他にも結構な数が付いてくるので面白いと思います。

 

 

最後に

今やスタンダードになっているFabfilterのPro Qが入っていません。

というのも本文でも書いていますが出音が好きじゃなかったりダイナミックEQの細かい部分が調整できなかったりと好きじゃない点も多いんですよね。なのでPro Qは誰からも褒められる存在ではないというのはわかっていただければなと思います。

今回紹介したものはどれもクオリティーが高く、どれを買っても間違いはないので色々デモで試してみて検討してみてください。

 

【Plugin Alliance】全部入りサブスクMega Bundleを1年使った感想

Plugin Allianceの新サブスク『Essential Bundle』がめちゃくちゃおすすめな理由!

【間違いない】DTMでおすすめの定番ソフトシンセ4選

【DTM】おすすめのマイナーソフトシンセ10選

【2020年】Plugin Allianceのカテゴリー別おすすめプラグイン紹介!

【2020年】DTMでおすすめのデジタルコンプレッサー5選

【2020年】おすすめバスコンプレッサープラグイン6選

 

単品でも買いたいWavesのおすすめプラグイン

マジで手放せないWavesのおすすめプラグイン5選

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

ミックス・マスタリング・作曲・編曲やっています。
自分の持っているプラグインをすべてレビュー記事にアウトプットするのが当面の目標です。
お問い合わせ欄からお仕事も募集しています。

目次
閉じる