最強メタルベースプラグインSolemn TonesのLoki Bassをレビュー

目次

最強メタルベースプラグインSolemn TonesのLoki Bassをレビュー

 

モダンメタルに特化したプラグインを多数リリースしているSolemn Tonesの極悪ベースプラグイン『Loki Bass』をレビューしていきたいと思います。

 

Loki Bass

 

 

ポイント

 

・Dingwall NG-2をサンプリング

 

・高クオリティーなサウンドを収録

 

・モダンメタル特化音源

 

・VSTiプラグイン

 

・高コスパ

 

Dingwall NG-2をサンプリング

 

Youtubeでモダンなメタル系やハードコア系のバンドのMVを見ていたら5バンドに1つくらいは見る、モダンメタルの定番を築き上げているDingwallのNG-2をサンプリングしています。

 

↓すべてベースはDingwallのものです。

 

 

 

ここ数年でこのLoki Bassを含めNG-2(と思われる)をサンプリングしたものは出てきてはいますが、まだまだ数は多くなく貴重と言えます。

 

高クオリティーなサウンドを収録

 

即戦力の完成されたサウンドが収録されています。

このジャンルのベースの音作りとしてベースアンプの歪み部分とDIのローミッド以下の部分を別々に処理し混ぜるという手法が一般的ですが、本機ではその音作りがされているかなり極悪なサウンドが収録されています。

 

注意する点としては上記のサウンドはプリセットとしての収録ではなく、原音として数パターン入っているようなスタイルなのでプラグイン内で音作りをすることはできません。

 

DIの音も選択できるので自分で1から音作りすることもできます。

 

 

モダンメタル特化音源

 

音の特徴としてはほぼほぼ実機NG-2によく使われるモダンなベースアンプを使ったような音と遜色ありません。

 

やはりサンプリングのベース特有の悩みですが、ピッキングのニュアンスなどをつけるのが難しく一応そういったピッキングで収録されてはいますがどうしてもベタ打ち感は出てしまいます。

 

単純に刻みだけならそこまで気にならないかもしれませんが、長い音やギターのリフに合わせたりしたら打ち込みらしさが出てきてしまうでしょう。

 

ですがそれでも余りある極悪なディストーションサウンドは使いたいと思わせてくれます。

 

VSTiプラグイン

 

こういった特化音源はKontaktを使用するものが多いのでVSTi規格でプラグインとして使えるというのは他との大きな差別化点です。

 

同じくモダンメタル系のベースをリリースしているSubmission AudioのものもKontaktですし、他にも多くのギターやベースの音源はKontaktを採用しています。

 

高コスパ

 

特化音源ということを差し引いてもこのクオリティーやVSTiで独立していて10000円を下回るのはかなりの高コストパフォーマンスです。

 

ブラックフライデー時にはそこそこのセールも行うので5000円以下で買うこともできるでしょう。

 

Loki Bass

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

ミックス・マスタリング・作曲・編曲やっています。
自分の持っているプラグインをすべてレビュー記事にアウトプットするのが当面の目標です。
お問い合わせ欄からお仕事も募集しています。

目次
閉じる