Acme Opticom XLA-3をレビュー【めっちゃ歪む】

Acme AudioのハードウェアをBrainworxがプラグイン化したOpticomXLA-3というコンプレッサーを今回はレビューしていきます。

2016年リリース、その後メジャーではなくとも根強い人気があるなと個人的には感じています。

目次

実機はLA-2Aを意識

XLA-3の実機はLA-2Aを意識して作られているそうです。

LA-2Aはオプトコンプの代表格のようなコンプレッサーで、実機でもプラグインでも様々なモデリングされた物が出ていますね。

なのでこのXLA-3もオプトコンプとなっていますが、LA-2Aよりもセッティングの幅がやや広くなっています。

(そもそもLA-2Aよりセッティングの幅が狭いコンプは存在しないのでは......)

オプトコンプの特徴としては、遅いアタックと遅いリリースですね。

オプトという動作方法が速い反応を苦手としています。

定番はボーカルやベースなど音がそんなに止まらないパートに使う感じです。(もちろん例外はあります)

アタックが遅くリリースも遅いので、コンプの動作が終わってから次のコンプの動作が始まるまでにGRの針が0まで戻らない、ということが多々起こります。

(GRメーターの針が左に触れていればコンプがかかっている状態です。)

0まで戻らないということはコンプがある程度かかりっぱなしになるということですね。

なのでよく言う「ヌルヌルした感じ」になるという感じですね。

逆にアタックが遅いということはアタックの部分にコンプがかからないということなので、アタックを強くすることができます。

ドラムやパーカッション系にかけることで、アタックを出しつつ遅いリリースによって音の最後の方が暴発しない、タイトな音にすることができます。

良いところ

とにかく歪む

元になったLA-2Aも真空管が入っていてそれなりに歪みますが、XLA-3はそれを遥かに超えるくらい歪んでくれます。

ミッド・ローミッド辺りから下が特に倍音で膨らむようです。

つまりキャラクター的にはややダークな感じになるのですが、アタックをしっかり出せるセティングでたくさん潰すとアタックが強調されるのでダークになった分相殺してくれます。

とにかく歪むので、コンプはかからずに歪みだけを得られるAmpモードもあります。

このモードを使うとダークな効果だけを取り入れることができそうです。

オプトだけどアタックとリリースに幅がある

RESPONSEという箇所でFAST・NORMAL・SLOWという3つのモードを選択することができます。

公式のマニュアルには

  • FAST・・・早いアタック、短いリリース
  • NORMAL・・・普通のアタック、短いリリース
  • SLOW・・・遅いアタック、長いリリース

みたいな感じに書かれていました。

(もっと機械翻訳っぽく書いてあるので分かりやすく直してみました。)

他にもうちょっと違いがあるみたいですが、詳しことはマニュアルを読んでみてください。

https://miyaji.co.jp/MID/manual/pluginalliance/opticom_xla-3.pdf

SLOWがLA-2Aに一番近い動作みたいです。

FASTかNORMALにして強めにコンプをかけるとそれなりに派手になります。

アタックそれぞれ違うみたいなんですが、正直個人的にはどれもそこまで早くはないかな〜なんて思ってしまいますね。

なのでどちらかというとリリースでモードを都度決めるかなといった感じです。

パラレルコンプができる

こういった歪みが強かった特徴が強いコンプはパラレルコンプというのも選択肢に入ってきます。

もちろんちゃんとDry/Wetノブが搭載されています。

これがもう1、2年開発が遅かったら実装されていなかったかもしれませんね。

ちなみに結構初見じゃあ分かりにくい部分にあるのでマニュアルを見ることをお勧めします。

値段が安い

定価が299ドルとなっていますが、頻繁に行われるセールではもう49ドルくらいまでは下がるイメージです。

さらに安い時は29ドルとかも見るので、さらにこれにバウチャー(割引券)なんかが重なれば1000円くらいになるかもしれません。

これくらいの個性を持ったコンプを5000円ちょっとで買えるのはかなりコスパが高いな〜と個人的には思っています。

まとめ

コスパが高くて個性が強いコンプレッサーです。

Dry/Wetの他にも細かなユーティリティー性が高くて、正直現状は微妙な部分がありませんでした。

(今後もっと使っていって出てくるかもしれませんが

選択肢の一つとして持っていても損はしない質と値段だと思います。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

ミックス・マスタリング・作曲・編曲やっています。
自分の持っているプラグインをすべてレビュー記事にアウトプットするのが当面の目標です。
お問い合わせ欄からお仕事も募集しています。

目次
閉じる