Shadow Hills Mastering Compressor ClassAをレビュー【上品でカッコいい】

Shadow Hillsの実機100万越え高級コンプレッサーShadow Hills Mastering Compressor Class A(以下SHMCA)をレビューしていきます。

Class Aバージョンは無印バージョンにさらにダイナミクスとパンチを加えた物とされています。

目次

オプトとVCAの2段構え

SHMCとそれを元にしているClass Aは共にオプトタイプとVCAタイプの2つのコンプレッサーが直立に繋がっています。

インプットから最初にオプトコンプに入り、次にVCAコンプ、そして3種類から選べるトランスでアウトプットという形で音が流れていきます。

VCAコンプの方はディスクリートと書かれているので、まとまった集積回路ではなく、高いパーツを組み合わせて作った回路なのでしょう。

という値段が高くなりがちなディスクリートのVCAコンプと、恐らくお高いであろうオプトコンプとトランスが入っているので100万越えという高級機材になっているのだと思われます。

良いところ

上品に歪む

2〜3dbくらい潰しているのかな、くらいのプリセットが多かったので実際に自分で使うときもそれくらい潰れるまでコンプしてみるのですが、音が本当に上品。

上品とかリッチとか言ってしまうとめちゃくちゃ抽象的で自分でも書いてて大丈夫かなとなります。

少なくともセッティングの幅が広いVCAでアタックを遅くしていれば、非常にレンジが広くかっこいい音になります。

ちょっと引っ込みすぎかな〜とか、コンプの歪みがあまり綺麗ではないとか、まったくそういう感じにならないんですね。

流石にアタックがよく出るようなセッティングにしておいて、音が詰まり過ぎとか引っ込み過ぎとかそういったことには中々ならないとは思いますが、他のコンプでは逆にアタックがやたら強調されるというか不自然なバランスになってしまうこともあります。

SHMCAはそんなことがなく、とても自然にアタックを出したり、全体の量感を上げてくれます。

さらに最終的に付与されるトランスの歪みが本当に気持ちい。

高域、中低域、低域と上から3段階に分かれていて、目的やジャンルによって使い分けることができます。

嘘臭い感じというか、かけました〜歪ませました〜みたいな感じには聴こえないのではないかと思います。

という色んな意味を込めて音が上品という感じですね。

ドラムバスなんかで使ってみると非常に分かりやすいのではないかと思います。

プリセットがハマるとめちゃくちゃカッコいい

プリセットはマスターや各バスに挿す想定のものと思われるのがまあまあな数付いてきます。

ちなみにそのプリセットたちは無印のSHMCとまったく同じです。

やはりマスターとドラムバスに挿すと思われるプリセットは結構多かったのですが、それがどれを挿しても絶妙にかっこいいんですよね。

音変え過ぎなのでDry/Wetノブでかかり具合をちょっと調整した方がいいものも結構ありました。

ドラムに関してはロックやメタルなんかが非常に合うのではないかと思います。

バスで積極的に音作りをするのは嫌う人もいるかもしれませんが、メタル系なんかはバスでまとめて音を変えてしまうことでかなり作られた感じの音になるので、やったことない人はやってみてほしいです。

PAのユーティリティー機能が付いている

当サイトでも良く取り上げていて、解説記事も書いているPAのユーティリティー機能が付いています。

しかもこの機能郡は無印のSHMCには付いていません。

特にMonomakerやStereo Widthなんかはバスやマスターで出番がある機能なので、付いていて便利に感じることは多いかもしれません。

まとめ

微妙なところはあるとしたらキャラクターが嫌いだったらどうしようもない、くらいでしょうか。

今の私には正直イマイチ微妙なところは思い浮かびませんでした。

個人的には無印よりもこっちのClass Aの方が好きで、ほぼほぼ無印は使わないのでちょっとそっちは記事を書きにくいんですよね。

まだまだセールでも安い方ではありませんが、それでも今年は1万円下回りましたので色んな人におすすめしやすくなりました。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

ミックス・マスタリング・作曲・編曲やっています。
自分の持っているプラグインをすべてレビュー記事にアウトプットするのが当面の目標です。
お問い合わせ欄からお仕事も募集しています。

目次
閉じる